携帯買取で処分する前に。データの消去と注意点

スマホや携帯電話は古くても売れるということで、処分時に携帯買取サービスを利用する人も多くなりました。
ですが、携帯電話には電話番号やメールアドレス、クレジットカードやネットバンクの口座などの重要データが保存されています。
携帯を処分する前にきちんとした対処をしておかないと、処分後にこれらの情報が漏洩する危険性があります。
トラブルに見舞われないためにも、携帯電話の処分時にはデータを確実に消去する必要があります。
データの消去は本体を初期化し工場出荷時の状態に戻すのが一番です。
ですが、初期化を実行すると本体メモリに記録されていたデータは一括で消去されてしまいます。
電話帳やメール、写真などの残しておきたいデータはSDカードに保存するか、専用ソフトを使ってパソコンにバックアップしておきましょう。
携帯の初期化が終わったら、SIMカードとSDカードは必ず本体から取り外します。
ただし、初期化しただけでは十分ではなく、データが復元される可能性もあります。
携帯買取を利用する際には、完全にデータを消去してくる買取店を選びましょう。